Q&A | にこ歯科医院 親知らず専門サイト | 岐阜で親知らずが痛みだしたらご相談ください

親知らず専科
  • ご予約・お問い合わせ 0585-45-2336
  • インターネット診療予約

親知らず Q & A

親知らずに関するよくあるご質問を紹介します

Q痛くもない歯を抜きたくないのですが…
歯科医療の現場において、特に市中病院の歯科口腔外科に勤務していると、痛みがない親知らずを放置していたために、親知らずの前にある大切な「第二大臼歯」のむし歯になり、痛みを訴えて、もしくは親知らずの手前の歯のむし歯の治療のために親知らずを抜くケースをたくさんみてきました。
親知らずを事前に抜いておけば、守ることのできた歯であったと推測される場合、とても残念な気持ちになります。
もちろん、かみ合わせに参加しており、今後将来的に咬むために必要であったり、ブリッジをかけるために必要であったり、移植のために保存する必要がある場合もあります。
その診断のための材料として口腔内の全体の診査が必要です。親知らず=抜歯ではありませんので、一度相談していただき、患者さま自身が納得したうえでの抜歯を行います。
Q行ったその日に抜いてもらえますか?
可能です。
基本的には、初診時に抜歯が必要となった場合には、腫れることなど考慮した日程で患者様に抜歯日を決めていただいてます。
初診時に抜歯をご希望される場合、予約で来ていただいた場合でも、お待たせする可能性をご理解いただけるのであれば、希望にそって当日に処置致します。
Q痛みが出てから抜きたいのですが…
この場合も「痛くもない歯を抜きたくないのですが?」と同様に、痛みが出てからではとてももったいないとお伝えしています。
抜くべき親知らずが痛くて、親知らずのみがむし歯で痛みが出たとするなら、まだよいでしょう。
しかし、ほとんどは、親知らずの痛みより、手前の大切な歯の痛みが出てから抜くことが多いです。
抜くべき親知らずを大切にとっておいたために、結局親知らずは抜く、手前の歯は治療してかぶせ物が入るではとてももったいないと感じております。
Q妊娠しているのですが歯を抜いても大丈夫でしょうか?
妊娠を主な原因として歯肉炎になってしまうことを「妊娠性歯肉炎」と呼び、妊娠以前より炎症の傾向があった方などは、歯周病になってしまうことも多いといわれています。
親知らずも、斜めに生えた場合はブラッシングで歯垢(プラーク)を除去しきれなかったり、周囲の歯や歯肉を傷つけたり圧迫することで炎症を引き起こしたり、歯周病の原因のひとつとされています。
つまり、「口内に悪影響を与える可能性のある親知らずが生えた状態で妊娠を迎えた場合、極めて歯周病の危険性が高くなる」、といえます。
妊娠中の抜歯は、局所麻酔薬、内服薬、抜歯後のフォローを間違えなければ安全に抜歯することは可能です。
痛みによるストレスがおなかに与える悪影響と、抜歯のリスクを考えより良い方法を考えるのも我々口腔外科医の仕事です。安心して受診してください。
Q歯を抜いてもらえますか?
ほとんどのケースでは当院で抜歯可能ですが、診断後、抜歯できない場合もございます。
入院しての全身麻酔下での抜歯は行っておりませんので、全身麻酔を希望される場合は、全身麻酔下での抜歯可能な医療機関に紹介いたします。
Q親知らずが押して、歯並びが悪くなった気がします
現在、親知らずが原因で歯並びが悪くなるといったことに関して、因果関係はないとされたり、あるとされたりと議論は様々です。

私たちは臨床的には、あると考えております。親知らずがかみ合わせに参加しているなど、口腔機能として大切な役割を果たしていると診断されない場合には、抜く価値があると思います。
当院には、歯科矯正の専門の歯科医師もおりますので、抜いたほうがよい親知らずなのか否かを、歯科矯正の立場からも丁寧かつ慎重に診断させていただきます。
Q親知らずの抜歯はいくらかかりますか?
口腔内の全体的な検査、診断後の治療となります。
抜歯前には、腫れ、感染を最小限にするため、歯石も取っていただきます。

通常の歯医者での初診料、検査、歯石とり(約4,000円)に加えて、簡単な抜歯の場合(4,000円)、複雑な抜歯の場合(8,000円)となります。 保険適応の治療ですので安心して受診してください。

ご予約

初診にかかわらず、「お電話」または「インターネット」にて、ご予約を承っております。
ご予約がなくても受診することができますが、待ち時間が長くなる可能性がございますので、予めご了承ください。

ご予約・お問い合わせ 0585-45-2336 インターネット診療予約

痛みが非常に強い場合など、緊急の場合は遠慮なく受付にお申し出ください